すなみちな日々。

すなみち@楽に生きる方法を模索中。2児の東京在住アラフォー・ワーキングマザー。仕事と家庭、自分の両立について綴ります

2018年は、時間の使い方がうまくなりたい。

573b61461bbcf996f17a6676f2e45cdb_s

今年ももうあと半月ですが、皆様どうお過ごしですか〜? 私は相変わらずバタバタした日々を送っています。 先月は、2人の子どもの七五三の行事を無事終え、なんだか肩の荷がおりました。

行事がなくても、平日の日中は仕事。 夕方から夜まで、3歳と5歳の子どものお世話。 ほっと一息つけるのは、平日の子どもが寝入った後と週末のみです。

あれこれしたい気持ちはあるけれど、うまく時間を使えなくて、このブログもしばらく放置気味でした。

でも、本当に時間が全くないわけではありません。 自分の心の切り替えがうまくいかなくて、時間はあるのに、ついスマホやゲームなどの「ダラダラ時間」に、隙間時間を取られてしまったことも多かったです。

だから、2018年は「気持ちを整えて、もっと時間の使い方がうまくなりたい」。 そう思いつきました。

時間の使い方がうまくなるために。

今は、書店は新しいスケジュール帳や手帳がたくさん並んでいますね。

その中でも私のおすすめをご紹介します。

夢をかなえる人の手帳/藤沢優月

 

表紙は少し違うデザイン(red と blue)ですが、中身は同じです。 ちょうど10年くらい前、使っていたなあーと懐かしく思い出しました。

「夢をかなえる手帳」、通称「夢かな手帳」は、実は今年が16年目という、ベストセラー手帳なんですよ。 今でこそ、似たような方向性の手帳はたくさんありますが、これが出始めた当時は、私にとってはちょっと斬新で、驚きでした。

日々を管理する普通のスケジュール帳とは違って、あなたに問いかけるような文章で始まります。 流れ過ぎるような日々に疲れた気持ちを癒してくれるような、優しいメッセージです。 少し立ち止まって、モヤモヤした気持ちを客観的に眺めることを手助けしてくれます。

しばらく手帳からは離れていましたが、また手帳を使ってみようかな。

そんな気持ちになって、来年は、久しぶりに手帳を使い始めることに決めました。

***

ちょっと心が疲れている人。 大きなことではないけれど、自分を変えたいと思っている人。 バタバタした日々に追いかけられるような気分の人。 おすすめかもしれません。

書店に寄ったら、ちょっと覗いてみてくださいね。