すなみちな日々。

すなみち@楽に生きる方法を模索中。2児の東京在住アラフォー・ワーキングマザー。仕事と家庭、自分の両立について綴ります

田中圭一「うつヌケ〜うつトンネルを抜けた人たち」を読みました。

少し前に、TVで紹介されていた本。

うつヌケ〜うつトンネルを抜けた人たち

 

この本に興味を持ったきっかけは、この漫画を描いている田中圭一さんでした。

田中圭一さんは、かの手塚治虫そっくりな絵柄で、割とエッチめな漫画を描かれる漫画家さんです。 私は手塚治虫作品は割と結構読んでおり、本屋で見かけたときから気になっていました。

が、何しろ立ち読みするにはなかなか恥ずかしい内容の本ばかりで(汗)、なかなか手に取れずにいました。

でも今回は、「うつ」というものに興味があったこと。 話題本ということもあり、さっそくKindle版を購入して読んでみました!

「うつ抜け」を読んで思ったこと

f8baf2fbfaccbaa31153fe93107148cd_s

「Karoshi(過労死)」という国際的にも通じるワードを生み出した国、日本。 経済的には豊かでも、国民性なのか生真面目で、失敗することが許されない雰囲気がありますよね。

「うつ」じゃなくても「プチうつ」程度なら誰しもなりかけたことがあるんじゃないかな。

私も精神的にタフなタイプでは決してなく、ぐっと落ち込んだまま、なかなか浮上できないこともしばしばあります。 最近は、深夜に目を覚ましてそのまま寝つけなかったり、現実逃避でスマホ(ネット、ゲーム...etc)に依存することも多くなっていました。

心のどこかで「私はいつか精神的に病むんじゃないか」と思うことも、あります。

だからこの本を読んでみたのですが、精神を病むということは、誰にとっても案外身近であること。うつってどんな精神状態なのか。そしてうつを抜けだす具体的なきっかけやエピソードが紹介されていて、なんかためになる感じでした。 また、漫画という表現方法も、重いテーマをライトに読めて良かったです。

うつにならないために

384182e2a156d34a26a54a13a1d1460e_s

「うつ」になるきっかけ。それは人それぞれですが、共通しているのが「自分を否定すること」。 何かのきっかけで自信をなくしたり、自分を嫌いになったり。 自分なんて必要とされないと感じたり。

そういうことが引き金となることが多いようです。

だから、うつから抜け出すには、逆に「自信を取り戻すこと」。 自分を肯定し、必要とされていると感じること。

が効果があるようです。

また、天気とうつとの関連性も書かれていました。

朝から雨だと、途端に萎える私は「わかる!」と思いました。

雨も苦手だし、暑いのも寒いのも苦手です。 とにかく体に負担がかかると、すぐにメンタルに影響する私。 逆に、心地よい気候だと元気になります(笑)

そういう人、多いんじゃないでしょうか。

大事なのは、自覚すること。 落ち込む原因を分かっていること。 「自分をよく知る」ということですよね。

私もこの本をきっかけに、もっと自分のこと(身体、メンタル)をちゃんと知っておこう。と思えたので良かったです。 おすすめ!