すなみちな日々。

すなみち@楽に生きる方法を模索中。2児の東京在住アラフォー・ワーキングマザー。仕事と家庭、自分の両立について綴ります

「伸び続ける子が育つ お母さんの習慣」を読みました

最近、育児に悩むことが多くなっていたので、こちらの本を読みました。

伸び続ける子が育つ お母さんの習慣

伸び続ける子が育つ お母さんの習慣

幼児〜小学生向けの学習教室「花まる学習会」を実施している、高濱さんという方が書いた本です。メインは小学校低学年〜高学年のお母さん向けかなという印象でしたが、今の私にも参考になることが多く、「なるほどー」と思えることも多かったので、ご紹介します!

2〜3才の子どもを持つお母さんにも実践できる、子育てのポイント

fc8bc498029a8eaaabdcdf7a1c4d5736_s

「人前で子どもを卑下しない」

ヤバ、私、やっちゃってるかも・・・。一番ドキッとしましたねー。 「息子くん、大きくなったね〜」って言われるとつい「いやー、中身も大きくなってたらいいんだけどね〜ハハハ」なんて、ついつい子どもを卑下するというか、妙な謙遜で返してしまうクセが私にはありました。

聞いていないように見えて、子どもって実は結構、親が話していることを聞いてますよね。 自分が褒められているのか、けなされているのか、何となく読み取れていたとしたら・・・きっと、悲しいはず。

日本人って謙遜が美徳みたいな習慣がありますよね。 だけど、ネガティブ言葉で返すのじゃなくて、嫌みなくポジティブ言葉を返せる人になりたいな、と。

「子育て、大変でしょう〜」と聞かれた時に「いやー、大変ですねえ」じゃなくて、「大変だけど、楽しいですよ!」って、ポジティブな返しがすらっとできる人になりたい^^

「親の基準を持つ」

子どもっていうのは、まだ自分の基準がないから子どもなのだそうです。これも、大変心に残った言葉でした。

基準がない子どもの代わりに、基準を持つのが親。 ダメの理由なんて必要なく、「ダメなものはダメ!」と厳しく教えるのが親だそうです。

実は私自身、これで一番悩んでいたのかもしれない。 ここ最近は「自由にさせたい。のびのびと育ってほしい」と思う反面、「しつけの線引きはどこから〜?」と悩むことが増えていました。 その物差しってお母さんによって全然違っていて、こうだという正解もないので難しいですね(><)

***

他にも色んなアドバイスが書いてあって、そのどれもが“人間を育てる”上での根本的なことばかりだったので、面白かったです。

声を大にして言いたい。

子育て、難しいけど面白い^^だって生き物を育ててるんだもんね。

楽しみながら悩んでいきたいです。