すなみちな日々。

すなみち@楽に生きる方法を模索中。2児の東京在住アラフォー・ワーキングマザー。仕事と家庭、自分の両立について綴ります

保育園の面談を終えて、男の子育児について思うこと

少し前のことですが、息子の保育園での面談がありました。 ちょうど時間が空いていたらしく、夫も来てくれました。

ちょうど2日前、ちょっとしたことで息子がご機嫌を損ねて 大泣き&ぐずりまくって、散々な登園だったこともあり、 主にそのことについて、先生とお話ししました。

息子(もうすぐ5歳)の課題とは?

f404966e6dc2490fa92ab5a1beaab0c3_s

息子は切り替えが苦手で、声かけしてもなかなか次の動作に移れません。 特に好きなことに集中しているときは、どうしてもそれをやり遂げて、スッキリしてから終わりたい!というコダワリがあります。

3歳くらいから、登園&降園時には私も苦労してきました。 私たちより後にお迎えに来た、他のお母さんたちが、さっさと「さようなら〜」とスッと帰っていくのを横目に見て、 なかなか遊ぶのを終われない息子とつい比べてしまい、 何度惨めな思いをしたことか...(泣)

園でも、皆と一緒に行動できない時も多く、個別にフォローしてもらうことも多いみたい。 お迎え時には、カプラやレゴで遊んでいることが多いので、先生に「ママが来たら終わるって約束しようね」といつも事前に言い聞かせてもらっています。とてもありがたいです。

***

もう一つの課題は、集団行動が苦手なこと。 みんなで遊ぶより、一人で遊ぶほうが好きらしい。 先生いわく「少しずつ、一人より友達を遊ぶほうが楽しい!と気づいたら、その時うまく入れるようフォローしていきます〜」と言っていただきました。

家庭でも、集団行動に慣れるようサッカーをやらせていますが。 夫いわく、1人ぽつんと浮いていることも多いそう^^;

私の考えとして、得意なことは放っておいても伸びるので、今はあえて苦手なことをやらせて、小学校に入ってからもなるべく困らないようにしておきたい。 何しろ、切り替えも集団行動も、一生つきまとう課題ですからね。

”子育ては、木育て”という言葉に学ぶこと

あの元メジャーリーガー、阪神、日ハムで活躍した新庄剛志 元選手を育てた、お父さんの言葉です。

私がちょうど小学生くらいの頃、いわゆる「亀新フィーバー」でした。 あの頃から日ハムに入り活躍、引退するまで、スーパースター新庄選手が気になっていつも見ていました。 (少し前の「しくじり先生」出演も見ました!笑)

そんな新庄剛志 元選手を育てた、お父さんの子育てについて読むと、なかなか興味深いです。

ここで、ある程度読むことができます。 子どもの頃から普通の子どもじゃなかったんだな〜というのが伺い知れます。

新庄剛志の父、英敏の<SHINJO>劇場

新庄パパの子育てに対する考え方の中に、子どもは木と同じで、やりすぎ(しつけ、構い過ぎ)はいけない。でも水(=親の愛情)は必要不可欠。特に男の子は、父親が壁になる必要がある。というのを読んで「なるほどなあ〜」と思わされました。

6dbdd0e76c2bfda710d555808fd12be8_s

男の子。やっぱり異性だからか、難しいです。 体も弱いし、メンタルも弱い。 でも、いずれ巣立っていってしまうのだから、一人でも自分の道をちゃんと見つけて生きられるように。

そう思い、がんばります。 どっしりとした木のような男の子になってほしいなあ。