すなみちな日々。

すなみち@楽に生きる方法を模索中。2児の東京在住アラフォー・ワーキングマザー。仕事と家庭、自分の両立について綴ります

最近気になるものたち

図書館で、こんな本を借りました。

私は、特にナチュラル服好きでもないんですが、ナチュラルテイストの服をただ何となく眺めているのが好きです。

無印良品の店にいるのと同じような、ほっとする感覚があります。

***

前半は、白い服ばかりを揃えたクローゼットばかりが紹介されていて、“真性のナチュラリストさん”といった感じでした。私は後半の、やさしい色づかいがちょこちょこ入ったクローゼットの方が素敵だな、と感じました。

ある程度年を取った女性が、リネンとかレースだとかの白い服を、全身で着こなすのって、正直難しいなと感じます。だって、肌のシワもくすみも、時にはたるんだ体型も、純粋な白と重ねると、浮き上がってしまうから・・・。

若い人は確かに鮮やかな色の方が似合います。けれど、若い人が着る、本当に透明感のある白の着こなしには敵いませんね。私も白が好きだけれど、うっかり白だけで着てしまわないように気をつけなければ。

***

さて、本題。ナチュラルな服たちを眺めていたら、久々にこちらのお店に行きたくなりました。

parase

パラスパレスという服屋さんです。

Pal'las Palace (パラス パレス)

コンセプトはこんな感じです。(※画像は公式HPよりお借りしました)

PALLAS3

パラスパレスでは天然素材を中心にオリジナル生地、染め物などを使用し、細部にこだわりをもって商品をお作りしています。 公式ホームページ(http://www.palmus.co.jp/

初めてパラスパレスを知ったのは、自由が丘のとなりに住んでいた頃、パラスパレス自由が丘店を何となく覗いた時でした。

背中がシャキッとするような、独特な雰囲気の店内。宙につるされた白いブラウスたち。 手作業で染めたような味わいのある可愛らしい柄たち。一目見て、「ああ、ここ好きだな」と感じたのを覚えています。

しかし、服はお高くて。ただ眺めるだけで終わりました。 だって正規のお値段で2〜4万円くらいするんだもん。 確かに服の雰囲気は素敵だけれど、シルエットはかなりゆったりめ。着る人にも、それなりの雰囲気が要求されそう。

とっても繊細な服だから、洗濯機に入れてガンガン回すってわけにもいかなさそうだし。 まさに、「ていねいに着る」ってやつができないと無理だ!

そんなわけで、試着さえしたことがありません。

が、いつか味のある30代になった時、着こなせればいいな。なんてね。(あーいつになるのだろう。笑)

***

あとねー、最近このユニットさんが気になります。

tupera tupera(ツペラ ツペラ)

この記事を読んで、「あー、この人たちの作品、そういえば最近よく見かけるなー」と思って色々検索してたら、何だか急に気になってきました(笑)

多分、あなたもどこかで見かけたことがありますよ。

コレです!

無印良品とコラボしていたような。買ったことはありませんけどね。 でも、かわいいな〜。

他に、こんな絵本があります。

  なんだろう、この独特感・・・。妙に惹き付ける感じ。 色合いも、分かりやすくていいよね。 エリック・カールの色彩感覚と共通するものがあるような気がする。

書店で2015年用のカレンダーを見かけた。 普段カレンダーなんて買わない人だけど、ちょっと欲しいかも〜。めくると顔がどんどん変わる感じで、楽しい感じだったよ!(ただ小さいので、書き込みが難しそうだった。飾る用!?)

tupera tuperaっていうユニット名も、なんかリズム感があっていい感じ。 夫婦のユニットさんなんですね。 私も、また絵を描きたくなっちゃったなー。 そんな、人を引き込むワクワク感を喚起させてくれるアートワークです。

***

以上、私が今気になっているモノたちのお話でした。 これからも気になったものがあれば、逐一アウトプットしていきますね。