すなみちな日々。

すなみち@楽に生きる方法を模索中。2児の東京在住アラフォー・ワーキングマザー。仕事と家庭、自分の両立について綴ります

リビング再考①〜ローテーブルは本当に必要か?

現在のリビング。

リビングとローテーブル

実は現在のローテーブル、あまり気に入っていません。

理由は、リビングの面積に対して少し大きすぎるのと、重いこと。 2人暮らしの時にはあまり気になりませんでしたが、今は子どもにとって邪魔だしと、リビングの端っこに寄せてしまっています。

で、これが使っているかというとあまり使用していない・・・。 完全に置いてあるだけの存在になってしまっています; 掃除もしにくいし、いっそローテーブルいらないんじゃ?と思うのですが、夫によるとやはり必要だ、とのこと。

それならいっそ、もっとコンパクトで軽いローテーブルに買い替えたいなあ。

そう思い、あれこれネットで探して(これはどうかな?)と思うものを見つけました。

Unicoのローテーブル

unico ローテーブル一覧

unicoは北欧テイストで味のある家具が揃ってて、お洒落ですよね。 デザインが主張しない優しい雰囲気なので、日本の住宅にもよく合います。値段は少し高めですが高級というほどではなく、1人〜2人暮らしにもおすすめ。質もいいので、家具が欲しくなったらまずはサイトをチェックします。

KURT(クルト) ローテーブル

サイズ:W1000×D500×H380mm

100600900042_sub1_m

CORSO(コルソ) ローテーブル

サイズ:W1100×D580×H370mm

100500340072_sub1_m

ちなみにコルソシリーズ↑のAVボードが、このページのリビングの写真に写っています。 シリーズで揃えたいというよりは、あえて外したいかな。クルトシリーズの曲線、好きだなあ。

ただ実際のサイズ感は、やはり現物を見た上で決めたいので、週末は代官山のunicoショップに足を運んでみるか〜

あとは、夫が賛成してくれるかどうかですね。 インテリアについてはほぼ私任せなんですが、えー今のローテーブルでいいじゃん。とか言われそうな予感がしています。。。