すなみちな日々。

すなみち@楽に生きる方法を模索中。2児の東京在住アラフォー・ワーキングマザー。仕事と家庭、自分の両立について綴ります

GW@奈良で静養②

鯉のぼり

今回の帰省は主に自分の休養が目的でしたが、得ることもありました。 それは、子どもの成長や教育、仕事との両立について自分の母親にあれこれ相談できたこと。 そういう話は夫と話をすべきなのかもしれませんが、男親と女親との考え方ってそのそもベースから違うもの。同じ母親として、私の気持ちも汲み取ってくれながら話を聞いてもらえたのは、とても嬉しかったです。

2人目出産後の育休期間についての悩み

実は、私は今2人目を妊娠しています。 出産予定日は11月。最短で保育園に復帰するなら翌年の4月になります。ということは、5ヶ月で子どもを保育園に預け、仕事を再開するということ。

そのタイミングだと、確実に保育園には入れるだろう。 でも、本当に5ヶ月で預けてしまっていいのか?私自身、ワーキングマザーをこの1年間やってみて、その大変さが十分分かりました。それどころか、今や精神的にも体力的にもへとへとで、つい子どもにテレビばかり見せてしまって罪悪感を感じています。

それに、何だか最近はただ毎日ルーティンをこなしているだけで、人生に対して情熱やワクワクといった気持ちも失っていました。 子どもが2人になって、今より大変だと思われる状況で、この生活を続けられるのだろうか?

しかし、私は夫が経営する小さな会社に勤めており、夫をはじめ、同僚など会社に迷惑をかけたくない気持ちもありました。

そんなふうにあれこれと考えて、迷っていたので、母にそのことを話しました。 すると、「小さいのは今だけやで!1年くらい仕事は休ませてもらって、もっとゆっくり子どものことを見てあげなさい。自分の充電期間って思ったらええやないの。」 ときっぱり言われました。

あれこれ迷う気持ちが、一気にスッキリするのが分かりました。

ゆっくり子育てに専念することで、これからについてじっくり考えたいし、地域のサークルなどに参加して自分の輪を広げてもいいかも、なんて思えてきました。(ママサークルってほとんど平日活動なんですよね・・・)

母は、「もし子育てに疲れたら、いつでも帰ってき〜!」と言ってくれているし、それもすごくありがたい。

まだ上記の考えを夫と相談していないので、実際どこまで休めるかは分かりませんが、できるだけ自分の考えを伝えてみようと思っています。