すなみちな日々。

すなみち@楽に生きる方法を模索中。2児の東京在住アラフォー・ワーキングマザー。仕事と家庭、自分の両立について綴ります

GW@奈良で静養

またブログの間隔が空いてしまいました。すみませんm(__)m

GWは、自分の実家である奈良県に帰省していました。 目的は、息子を両親に見せることと、自分の休養^^; 正直、ここ最近ひどく疲れていて、1ヶ月前から帰りたくて帰りたくて仕方ない状態でした。 だから今回は、プラス2日連休を延長させてもらい、予定はほとんど入れずにゆっくり静養してきました。

de1c495d0d135cbd8aa65bb58e638c0e_s

※ちなみに鹿は見に行っていません!笑

自分以外に家事をやってくれる人がいる有り難み

もうすぐ2才になる息子が新幹線で全然じっとしてくれなくて、東京←→京都間の2時間が長く感じられましたが、やっぱり帰って良かった〜!と思いました。 一番良かったのは、家事から一時的にでも解放されたこと。 家にいると、洗濯物が溜まっているのが気になったり、夕食の準備やら後片付けまで、何から何まで自分がしないといけないことばかりで、全く気が休まらないんです。

もっと手を抜けばいいのかもしれないけど、そこまで自分は主婦業を頑張ってる方じゃないし、保育園や会社は毎日行かないといけないし、溜まっている洗濯物や洗い物を放っておけば溜まっていく一方だし・・・。

これはもう、自分が”妻“という立場から一旦離れるしかないんですよね(汗) まあ、“母”という立場からはなかなか離れることはできないんですけどね。

それでも、自分が疲れた時、代わりに見てくれる人がいるというのは本当にありがたい。親の好意に甘えて、久しぶりに昼寝をたくさんしちゃいました。

***

今の時代、子育てするなら親と同居、または近隣に住むというのが理想的というのがすごく納得。特に子どもが小さい頃はどうしてもつきっきりになって、夫婦の時間も持てなくなるしね。

上京したことは後悔していないし、むしろ親と適度な距離感ができたことは良かったと思っていますが、地元に残っていれば、今とはまた違う人生が開けていただろうな。

体力が落ち、家事も工夫する余地があると反省

親に会ったとき、開口一番「痩せた!?」って言われました。 特に母親からは、痩せたことをとても心配されました・・・。あまり、ちゃんと食べていないと思われたようです。

確かに最近は疲れすぎて何だか食欲もなく、常に動いているのでその分痩せてしまったのかも。(つまり、痩せたというよりやつれたということ。汗)

ここ最近感じてたことは、やはり体力が落ちたな〜ということ。出産してから、特に足腰が弱くなった気がしています。情けないけれど、階段を登るだけで脚ががくがくするし、前はヨガでやっていた“ヤシの木のポーズ”がいつの間にかできなくなっていた・・・。 足腰を鍛えると疲れにくくなるというし、まずは足腰を鍛えねば!!

***

また、家事ももっと楽にしたい!というかせねば!!と思いました。もっともっと家事のやり方を工夫する余地があるんじゃないか?と。

ちなみに家事で一番面倒なのが、洗濯と食器洗い。これは、処理しても処理しても溜まっていくというのがうざったい。

たとえば食器は使った後すぐに食洗機に入れて、溜まり次第すぐにスイッチを入れるなどして、溜まりにくくするシステムを作ったらいいんじゃないか?

また、洗濯した後の洗濯物の収納が面倒なので、必要なものは洗濯機から直接取り出して使っていき、いちいち収納というステップを踏まなくてもOKということにする。 そのためにはバスタオルの数を減らして、使う→洗う→すぐ使う、とうまく循環するサイクルを作って、無駄に保管されているタオルを極力減らせばいいのかも・・・。

なーんて細かいことですが、そういったことの積み重ねで、家事はもっともっと楽になるかも!?

***

そんな感じで、実家に帰ったことは改めて、自分の生活を見直してみようと思えるきっかけにもなりました。 他にもあれこれ考えたことなどがあるのですが、それはまた次回の記事でまとめたいと思います。