すなみちな日々。

すなみち@楽に生きる方法を模索中。2児の東京在住アラフォー・ワーキングマザー。仕事と家庭、自分の両立について綴ります

雑誌を処分して見えてきたこと

私が愛読しているママ雑誌「Very」

冬の間、溜まりに溜まっていた雑誌たちを処分しました。 ほとんどVeryです!冬って夏に比べて服のコーディネートなどが難しく、参考にするためにあれこれ見ていました。(ちなみに雑誌は経済的にブックオフで購入)

ママ雑誌は数多くあるけれど、「Very」が今のところ一番好きかな。 雑誌をめくって「カワイイお弁当の作り方」とかのコーナーがあるだけで萎える私(笑) はっきり言って、カワイイママ像には全く憧れないし興味がない。その点Veryは、基本的には裕福な専業主婦向けって感じですが、時々ワーキングマザー特集があったり、「カッコいいママ像」をイメージに押し出していて、見ていて気分がアガるんです^^ まあ、「出てくる読者代表って港区と目黒区と世田谷区オンリーじゃん!」と思わず突っ込みを入れずにはいられないし(笑)、カッコ良すぎて思わず雑誌を閉じたくなる時もありますが。

雑誌の断捨離方法。それは、必要なページだけ切り取ること!

雑誌の断捨離

雑誌を捨てる前に一応中身をパラパラと見て、今後も参考にしたいページをカッターで切り取って保存。すごい分厚い雑誌数冊があっという間に薄くなりましたよ!

改めて、自分が本当に必要としている情報なんてごくわずかで、それだって、一度見てしまえばそんなに必要じゃなくなる。ファッション雑誌を定期的に見ているからってお洒落になれるわけじゃないし、ただ自分の気持ちを上げるためのツールなんだなって思いました。

しかも、今の自分は“あんまり物を持ちたくないやモード”に入っているせいか、見れば見るほど必要じゃない情報ばかりに思えました。ブランドもいらない!アクセサリーもいらない!新しい服もいらない!・・・載っているのが冬服ばかりだったというのもありますが、「今の私にはどれも必要ないや」って思えたんです。 これは私にとって、新しい進歩かもしれない。

それでも雑誌が好きな私

それでも雑誌が大好きな私。待合室では必ず雑誌を手に取るし、やっぱり雑誌を見ると気分がアガるんです。ウィンドウショッピング的な気分に近いかな? これからもちょくちょく買ってしまうかもしれないけれど、一線を引いて付き合うかな?っていうか病院等の待合室で読めればそれで満足できるんですけどね^^;

今はもう読んでいないけど、昔は「InRed」を定期的に読んでいました。

InRedは30代女性向けの雑誌で、付録は使わないので要らないのでもっぱらブックオフで購入していましたが、全体に漂うゆるい空気感と、「既婚」「未婚」「子どもあり」などのカテゴライズがなく、読んでて楽なんです。

まあ、紹介されている服やアイテムはプチプラと言いつつブランドばかりで「ブランドのカタログじゃん!」と思わずにはいられないのですが。読み物企画はほとんどなく、その点はVeryの方が読んでいて楽しめる点は多いので、今は乗り換えました。

雑誌に出てこない、自分らしさを見つけたい

今の私の課題。 雑誌にロールモデルされているようなライフスタイルって、所詮は他人のものだし、私にとっては幻想のライフスタイル。 現実は育児と仕事に追われて自分の時間なんて持てていなく、夫ともたびたびケンカをするし、日々変化のない繰り返し。

それでも、自分自身が誇りを持って、「これって私の生き方なんだ」と胸はって言えるライフスタイルを構築したいなって思います。

とりあえず、今の課題は「余裕を持つこと」かな〜。 あまりにも余裕がなくて、新しいことを考える暇も体力もないな(笑) それでも、前に進んでいきたい。 それでは今後、このブログを通しても少しずつ実践していきたいと思います!