すなみちな日々。

すなみち@楽に生きる方法を模索中。2児の東京在住アラフォー・ワーキングマザー。仕事と家庭、自分の両立について綴ります

世の中の消費ブームを作り出す「Mart主婦」とは?

140311

突然ですが、「Mart主婦」ってご存知ですか? 「Mart」というのは主婦層向け雑誌なのですが、「日用品や食品、ヒットの後ろに“Mart族”」と言われるほど、世の中の消費に影響をもたらしているとか。一時期流行した、食べるラー油塩麹、ダウニーブームを作り出したのが、「Mart主婦」らしいんです(全然知らなかったー)。

“ちょっといいモノ”思考が家計の破綻をまねく?

で、ネット上で「Mart主婦」と検索してみると、一番に「なぜ年収800万の「Mart主婦」家計は破綻しやすいか」というショッキングなタイトルの記事が。 興味深く感じて、読んでみました。

まず、「Mart」のターゲット層は、時間に余裕のある30代専業主婦。夫の年収800万円前後とのこと生活がカツカツなわけではなく、専業主婦で時間もあるので、自然と消費に走るというわけですね。当然、ママ友たちとの交流も多くあり、お互いの家を行き来する機会が多い。 そんなママたちは、「お洒落!」「センスあるー」と言われたいがために、ちょっといいものを購入する傾向にあるそうです。たとえば、1瓶1,000円する調味料を買ってみたり、鍋はル・クルーゼを揃えてみたり、美容院は独身時代のサロン。もちろんネイルサロンにも毎月欠かさず通っていることでしょう。

なまじ(夫の)年収がそこそこあるために、家計簿も付けないままこういった消費が積み重なって、「毎月赤字」「貯金なし」になってしまうそう。

***

これは、私も陥る可能性があるかも・・・なんて、思わず焦りましたね。 “ちょっといいモノ”って、少しお洒落なショッピングセンターに行けば気軽に見かけるし、この年になると段々目が肥えてきて、「あれは安物だな」「あればちょっといいもの」って大体判別できてしまうようになるんですよね。そうすると、ついつい「お金ないわけじゃないし、いいよね」って財布の紐が緩んでしまう。

ま、自分は「Mart」は読んでませんし専業主婦でもないですが、自分の収入があるだけに、「これはご褒美買い!」をついやってしまいがち。消費欲ってどうやったら抑えられるんだろうな〜。

ちなみに、家計簿も一時つけていたけど段々めんどくさくなって、今はやっていません(汗)いい加減つけなきゃー!

時には「Mart主婦」、時には「I♡Love mama主婦」の使い分け

私は雑誌を読むのがすごい好きで、たまにここ(女性誌レビュー:サイゾーウーマン)も読んでるのですが、時々とりあげられる「I♡Love mama」という雑誌のレビューがめちゃくちゃ面白い。 「I♡Love mama」も主婦向け雑誌なのですが、こちらはどちらかというと低所得、ギャルママ向けの雑誌なので、自然と雑誌の内容も「100均活用術」とか「もやし活用術」などが並び、質素&倹約ぶりが光ります。

あれもこれも“いいモノ”を揃えるとお金が羽をはやして飛んでいくので、「これは大事だからお金をかけて、これはどうでもいいから低コストで」という使い分けが大事なんじゃないでしょうか。

女性誌をつい真面目に読んじゃってたら、目立たない雑貨までお洒落ブランドで揃えてたり、とか、コスパ特集のわりにアクセが2万越えだったり、いい加減げんなりしたくなることも多々ありますが、まあ雑誌ですからね(汗)消費を推進する使命を持っているわけで・・・。つい真剣になりすぎないように軽ーく娯楽として読みたいものです。

(ちなみに、そんな自分は「Very」愛読中・・・次元が高すぎて真似しようがないのがいいのかな;こんな人種いるんだねー!って時々雑誌を放り出したくなります)

最後に、「私ってMart主婦?」と気になってしまった方は、こちらの記事を読んで、いくつ分かるか鑑定してみてはいかがでしょう(笑)

ママヨンモーニング!? 柔軟剤ブレンド!? 2013年Mart主婦の10大ニュース発表