すなみちな日々。

すなみち@楽に生きる方法を模索中。2児の東京在住アラフォー・ワーキングマザー。仕事と家庭、自分の両立について綴ります

習い事。それは可能性を楽しむこと!

それでは、「子どもの才能を伸ばせず終わった」習い事は、意味がなかったのでしょうか? 習い事に使ったお金や時間は、ただ消えてしまったのでしょうか?

私は、そうは決して思いません!

習い事を始めた頃に共通する感情とは?

ad3fc44e1d20a0d5fc0809925bf0372a_s

・ピアノを習って最初は楽しんでいたのに、だんだん練習をしなくなってやめた。 ・サッカー教室に通ったけれど、周りについていけずやめた。 ・英語教室に通ったけれど、お金がかかるわりに上達しなくてやめた。 ...

やめた理由は何であれ、習い事を始める時って、子どもより親がワクワクしますよね。

「大人になってもピアノが弾けたら素敵だな。」 「将来はサッカー選手になれるかな」 「英語を勉強して、将来は世界に羽ばたいてほしい!」

...まだヨチヨチ歩きの頃から「この子天才かも!?」なんて有頂天になった経験、誰しもあるかも?

6285acd688ee0eac57c5034f5218a192_s

ある程度年を取ってくると、かなしいかな、だんだん人は夢をみなくなります。

それは、大人になるにつれて、現実を知っていくことや、選択肢の幅がどんどん狭くなってくるから。

でも、未来がまっさらな子どもって、すごくすごく未来が輝いて見える。

大人が見ると、特にそう思う。

この子は、将来何になるかな?何になれるかな?

科学者?サッカー選手?それともノーベル賞

なんて...完全に親バカですが、そんなふうに思うのです。(笑)

・・・

結論。

習い事って、そんなキラキラした可能性を、親が子どもに見出して、一緒にワクワクすることなんだなあっと思います。

だから、たとえ習い事が長続きしなくても、才能が開花しなかったとしても、それはそれで、親子が一緒にひとつの体験をしたということ、なんですよね。

「楽しかったね。がんばったよね!」

と、満足した気持ちで終われたらいいなあ、と思います。