すなみちな日々。

すなみち@楽に生きる方法を模索中。2児の東京在住アラフォー・ワーキングマザー。仕事と家庭、自分の両立について綴ります

習い事の目的を改めて考えてみた

引き続き、「子どもの習い事」について、考えた事を書いていきますね。

習い事をさせる目的を、考えてみた

096050e6746186950c40f98573f3a6d1_s

あれこれ悩むうちに、そもそも子どもに習い事をさせるのは、何のため?と考えるようになりました。

  1. 苦手な事を克服させるため
  2. 得意なこと(才能)を伸ばすため
  3. 子どもの人生を豊かにするため
  4. 将来、習った事を職業などに活かすため
  5. 暇な時間を作らせないように。充実した時間を過ごすため
  6. なんとなく。親も子どもも楽しむため

各家庭の方針の違いが見えてきそうです。

苦手なことをさせるか?得意なことをさせるか?

ちなみに我が家は(1)と(2)で迷った結果、(1)を選択しました。

息子にとって、サッカーは「苦手な事(=協調性)」を克服する習い事。 当初こそ、

『幼少期はあえて「苦手なこと」に重点を置いて今後困らないようにしよう。続けていると、だんだん楽しくなってくるはず!』

なーんて思っていました。

息子いわく「プールは楽しかったのにな〜」とよくこぼしていました。 マイペースな性格なので、積極性を求められるサッカーよりも、ある程度自分のペースでOKな水泳の方が良かったみたい。

息子本人にもちゃんと聞いてみたら良かったのかもしれませんね〜。 本人が「好きじゃないこと」を、親がやらせても成長しないし、続かないし、楽しくない、のですね。。。

「習い事」で子供の才能が開花するか?

6e1261a6d2775de0ed8b668fec3a9db6_s

長く続けていくには、子供自身が持つ「才能」や「資質」が求められる習い事。

それは、

ピアノ、バレエなどの芸術系。 フィギュアスケート、サッカー、野球などのスポーツ系。

習い事を何才まで続けるか? 始めた頃は、深くは考えませんね。

でも、長く続けていると、必ずいつかは「このまま続けていくかどうか?」で悩む日がきっと来る。

正直言って、「才能」「資質」... これは子供の持って生まれたもの。 習い事はただ「それを育むだけ」。

私自身、息子を見ていて悟りました。 (芽が出てないと育つことさえできない...泣)

子供や親自身が、他の子供との資質や才能の差に気づいてしまうこともある。 そんな時に、親も子供も納得した上で、辞めるか続けるか?

この話題、まだまだ続きます^^;