すなみちな日々。

すなみち@楽に生きる方法を模索中。2児の東京在住アラフォー・ワーキングマザー。仕事と家庭、自分の両立について綴ります

40才を目前にして、「似合う」が減ってきた。

先日、久しぶりにお台場のショッピングモールに行きました。

ヴィーナスフォートの3階がアウトレットになっていて。 しかも、セールで更に安い! 店頭には色とりどりのセーター。 赤、紫、ベージュ、グレー、グリーン、オレンジ...。

これからもっと寒くなるから、セーターを買おう!と意気込んで、試着室に何枚か持ち込みました。

何だかどれも似合わない気がする...。

鏡の前に突きつけられた現実に、愕然^^;

40才を目前にして、「似合う」が減ってくる事実

95678f9e9cc4d956f1f66f9fa7903d40_s

ベージュは、老けて見える。

オレンジや赤は、無理をしているように。

そして白やグレーは、今と雰囲気が変わらない。

あれこれ試してもいいと思える服がなく、結局戦利品ゼロのまま、後ろ髪を引かれつつお店を後にしました。

...

思えば、若い頃は無条件に何でも着れてた。 「おかしいか、おかしくないか」だけを考えればよかった。

それが今は、「これ若すぎてない?無理してない?」から、「ちゃんと普段使いできるかなあ?」や、「浮いてない?」「オバチャンになってない?」まで、あれこれ計算することが多すぎる...!

体型も変わってきてるから、体に合っていない服を選ぶと、妙に太って見えたりして、更にオバチャン化が進む。

そしてなぜか、歳をとると、自分のコンプレックスの部分(首が短い、腹が太い、背が低い等...)が強調されてくるという事実!

うわあー、イヤだあー!

もうオバチャンなんだから素直に受け入れたら? が、もしかしたら世間の声なのかもしれないけど...

まだ受け入れたくない。

いやむしろ、ずっと若くいたい!

という声が、私の中からするのです。 (美魔女をめざす人の気持ちがちょっと分かるかも...^^;)

色が年齢や雰囲気を左右するなら、あえて...

ce17b73e0d5d74fbb9087aa9572e1057_s

服を選ぶ際において重要視してきた、「色」。 これまで、ただ目についたからという理由で選んできた色を、ちゃんと考え直す時期に来たのかもしれない。

ファッションに色を取り入れることって、そもそも実は難しい。 色はその人の雰囲気を左右する。

これまでつまらないと遠ざけてきたけど、モノクロ色(黒、白、グレー)をうまく着こなせるようになりたいなあ、というのが今の気持ちです。 今の自分に、これからの自分に似合う色を、スタイルを探したい。

そんな感じになってきました。