すなみちな日々。

すなみち@楽に生きる方法を模索中。2児の東京在住アラフォー・ワーキングマザー。仕事と家庭、自分の両立について綴ります

誕生日プレゼント、無理にあげなくても良い気がする。

先日は娘の4才の誕生日でした。

娘は少し前から本当に楽しみにしていて、「きょう誕生日?」を毎日聞いていたものです。そして誕生日が終わった今もまだ「まだ誕生日?」と聞き続けています...。(ケーキ食べたのに...)

そんな娘ですが、「誕生日プレゼント」については特に何も楽しみにしている様子がありません。

まだ小さくて「誕生日にはプレゼントをもらう」という認識がまだないのかな?

そんな感じだったので、私も特に何かを買ってあげる、ということはしませんでした。

誕生日はモノじゃない...記憶を大事に

当日は、ケーキを買って夜に歌を歌ってお祝いをして。 ケーキも地元のケーキ屋さんで本人に選ばせてあげました。

c55d2d0b09884c728861d168d3f12c04_s

とてもシンプル。 特別なことは何もないけどそれでいいや...!

以前にこんな記事を書きました。

子どもに与えるもの選び。プレゼントってどうしてる?

結局、子どもにモノを与えるタイミングって難しくて、クリスマスも、祖父母からも...とやっていると、家の中のものがすごく増えてしまうのです。

子どもが成長して、だんだん「自分が欲しいもの」が分かってきて、「誕生日=プレゼント」の公式が頭の中にできてくる頃まで、「ケーキだけの誕生日」が続いてもいいんじゃない...?

今はそんな感じです。