すなみちな日々。

すなみち@楽に生きる方法を模索中。2児の東京在住アラフォー・ワーキングマザー。仕事と家庭、自分の両立について綴ります

こだわりの強い息子の6年間を振り返る。

今年、年長の息子は6才になりました。 来年はまさかの小学生! まだまだ頼りなく、課題はあるのですが、年長さんになって約8ヶ月。 「このままで大丈夫なのかな!?」と思っていた頃から、かなり成長したなと感じます。 そんな息子の6年間を振り返ってみたいと思います。

保育園に入るまで

8ed2e37558b85a96d4d206b8c44a74c2_s

赤ちゃんの頃は、割と普通というか、そんなに手がかからない子どもでした。 ニコニコよく笑うし、人にも愛想が良く、ギャン泣きしたり、夜寝つかれないということもなく、離乳食もよく食べてくれたと思います。

ただ、過去のブログにも書いたように、1才半健診の「指差し」で引っかかり...

・過去記事「1才半検診を受けて感じた、初めての心配ごと

それまでは、発育に全く不安を感じていなかったので、初めてのことでなかなかのショックを受けました。

また、これは多くの子供さんが当てはまると思うのですが、

  • 素直に手をつないで歩いてくれない
  • 全然じっとしてくれない、ふらふら歩きまわる
  • 宇宙語を話す

などのこともあり、たまに不安になるたびネットで「◯才 発育」とか「多動 子ども」調べて読み入ってたなー。

保育園に入ってから。乳児クラス編

79380a9b479d8234bfb123d8630ba6b9_s

息子はとにかく最初から「保育園イヤイヤ!」マンでした。

家を出発するまでは大丈夫なのですが、保育園に着いた途端、玄関で座り込む。 部屋に入らない。 保育士さんに渡すとギャン泣き...。

私も泣きたかったことを覚えています。 心を痛めてやっと引き離し、夕方保育園にお迎えに行くと...

帰らない!

...お迎えきたのに...。

今遊んでいるのがいい〜!と、遊ぶことをなかなか止められず、無理におもちゃを片付けようとすると、ヒステリックにおもちゃを投げつけ、暴れまわり、大変なことになりました。

周りの子供とママたちがどんどん帰宅していくのを横目に見つつ、30分くらいその場にいたりして、悲しくみじめな気持ちになっていたものでした。

また、一人の世界に入っていることが多く、お友達との交流もほとんどありませんでした。 お遊戯の音楽などがかかっても興味なし。 正直、母親としては心配だったし、多分一番苦労した時期でした。

ただ、2才の頃はちょうど2人目が生まれて育休中。 先生に勧めていただいた、区の療育相談に通わせたりして、それなりに子供の成長に向き合った時期だったな〜と今は思います。

仕事に復帰。保育園の幼児クラス編

a931d015ddc10631f0c52f6ba1e74d61_s

子どもが3才の頃に仕事に復帰しました。 息子は年少さんになりました。 でも、課題はずっと変わらなくて、

  • 切り替えが苦手。声かけされても応じられない
  • 自分の世界が好きで、お友達の輪に入らない

な、状態がずっと続いていました。

この状態は年少〜年中まで続きました。

朝、保育園イヤイヤがひどく、玄関で寝転ぶことしばしば。 気分屋で、一度パニックのようになると、気分を立て直すことが難しく、保育園の先生方の手を煩わせることも多く。 そういう時は私も随分とへこみました。

下の子どもまで同時にぐずると、ぐっと精神的に追い詰められ、家に帰って大泣きしたこともあります。

イライラしすぎて、手をあげたことも一度ではありません。

...長くなってきたので、一旦切ります...