すなみちな日々。

すなみち@楽に生きる方法を模索中。2児の東京在住アラフォー・ワーキングマザー。仕事と家庭、自分の両立について綴ります

「なぜあの人は勉強が続くのか」を読みました。

ここで言う「勉強」というのは机に座ってするものを勉強というのではなく、「学ぶこと全て」と考えると、いつでも、誰にとっても参考にできる本だと思いました。 そして、「常に何か学び続けている人」と「全く何も学んでいない人」のどちらになりたいか?と聞かれれば、もちろん学び続けている人でありたい!

勉強の極意は、続けること

勉強の何が一番難しいって、続けることですよね。「楽しくていつの間にかこんなに続けてやっちゃってた!というのが本当の勉強」ということ。それについてのコツが色々と書かれています。 例えば、

  • 習い事が続く人は、不器用な人。不器用な人の方が、それができた時の達成感が大きい。
  • 目的ではなくて、(それを達成できた時の)妄想を原動力にしよう
  • 頑張って続けるのではなく、続ける方法を考える
  • 生活習慣の中に入れれば、そういうライフスタイルになる

「空いた時間に何かしよう」と考えていると、永遠にできない・・・ これ、本当にそのとおりだと思いました。特に働いている社会人は忙しいのが当たり前。ならば、理想が叶った時の妄想をどんどん働かせて、それを実際にスケジュールに組み込んでいけば、そういうライフスタイルになるのは当然ですよね!

勉強することで、自由になれる

「勉強」って聞くと何だか面倒くさそうなイメージ・・・。 そのせいでなかなかスタートダッシュできない私です。 しかし、実際にはこれまでできなかったことができるようになるツールなのだから、面白くない勉強はやり方を間違えているのかも?(まー確かに資格等のための暗記作業はツライけど) どんどん学んで、どんどん使っていく!そして、その行動から得た気づきが、更に勉強活動を推進していく!これが理想です。だからスピードが命。たらたらしてると逆に疲れてしまうので、毎日さっと短時間勉強、なら取りかかれるかも!

考えたことを、書く

書くってつまり、アウトプットですよね。勉強=インプット、書く(考える)=アウトプット。 ただし考える前に書け、ということです。確かに考えてから書くと、既に頭の中でストーリーができあがったことをただ紙に書きおこすだけ。それまでにどのような考えの流れがあったかは、おそらく書かれないでしょう。 私もブログを書くのはいつも考えながら書いています。すると、結論が頭の中で考えていたものと違っていったりする。でもそれがブログのラフで面白いところかな?

迷っている時間が、もったいない

面白いな、と思ったのが、「納得を習慣にしよう」というもの。しかもその場合の納得、は「理解」ではなく「なるほど、という感覚」でいいらしいのです。そういった自然の気づきが行動に結びつくのだという。納得する、って能動的ですよね。受動では得られない気づき。 また、納得は積み重なっていきますし、そういう納得の軸を持っている人は強いように思います。相手に1納得させるには、自分が10納得している必要がある、というのには、思わずなるほど〜と思います。そう、納得している人って説得力があるんですよね。

また、迷うってエネルギーを使うらしいです。あれこれ考え、悩み、迷うのは悪いことではないかもしれませんが、最後は必ず決着点を持つこと。それこそが自分の考えになっていくのかな、と思いました。

***

この本を読んで、何か勉強をしたくなりました。 私には既に「今年はバレエを習う」という決めたことがあるのですが、それとは別に、「学ぶ」を日常に取り入れたいな、と・・・。「もっとお金について知る」とか「経済に強くなる」とかでもいいのかな。仕事面だとWeb構築のスキルを上げる、など。将来、ちきりんみたいに自分の得意分野で社会と関わり続け、半分リタイア生活とか実現したいな。