すなみちな日々。

すなみち@楽に生きる方法を模索中。2児の東京在住アラフォー・ワーキングマザー。仕事と家庭、自分の両立について綴ります

私の働く理由

仕事と育児の両立、大変ですよね。 育児って、それだけでも大変なのに、仕事もして・・・なんて、働くママさんたちは本当に頑張り屋です。 私も、時々心が折れそうになることがあります。とっても些細なことでぐるぐる考えてしまったり、涙が出そうになったり。 私の子どもはまだ1才半なので、登園時に手こずることがほとんどなくて助かっているのですが、少し上の年齢の子で、「イヤイヤイヤ」と言い続けている子とか、泣き喚いている子どもを見ると、そっとそのお母さんの心を察します。 ま、1時間もすれば子どもはケロッとしてしまい、遊びに夢中になるのでしょうが・・・。 とにかく、働くお母さんは強い意志がないとなかなかやっていけません。

***

「働く目的」を明確にしておくことは、自分にとっても大事なことだと思います。 私が働く一番の目的は、お金のためです。 そんなにたくさんじゃないけど、それでも毎月自分の収入がある、というのはとっても嬉しいこと。

話が変わりますが、我が家の先月の電気料金は2万円でした。電気料金が一番かからない春や秋頃は大体1万円を切るくらいなので、約1万円の負担増。これは家計には痛いですね。

電気代がここまで上がった1番の原因は、エアコンでしょう。実は夫は夜、リビングでマッタリした後、そのまま寝てしまうことがよくあって、エアコンも照明もホットカーペットも全てつけっ放し。 そういうことに鈍感な夫と違い、電気代もったいなーい!といつも心の中で叫ぶ私ですが、その一方でまあいいか〜なんて許してる自分がいて。

***

もし私が働いておらず収入がなかったら、エアコン付けっぱなしなんてありえず、いつもキリキリ怒らないといけなかったかも。でもささやかながら自分の収入があると、そういったことにも寛容になれるし、自分にとって必要なものを夫に遠慮せずに買うことができます!これって、とてもノンストレス。

***

私の母は私が物心ついた頃には既に専業主婦で、父の給与が少ないことに対して、よく不満を口にしていました。言う方も、言われる方も楽しくなかったはず。もちろんそれを見聞きする子どもの私も嫌なものでした。

だから、夫の稼ぎの少なさがストレスになる人ほど、絶対働いた方がいい。ま、働くことによって別のストレスが発生するのはまた別の話です。(笑)