すなみちな日々。

すなみち@楽に生きる方法を模索中。2児の東京在住アラフォー・ワーキングマザー。仕事と家庭、自分の両立について綴ります

「俯瞰力(やましたひでこ)」読みました④

さて、最後になりました。3章を読み解いていきたいと思います。

第3章 そして改めて“見える世界”を整える〜「命」の章〜

ここで、初めて出てきた言葉がありました。「場力」です。 「場力」とは、ゆとりが生み出す力であり、人を育み命を支えるもの。 人が、住むところ(家)を持つことは自然なことですよね。「暮らす」ことの原点には、まず「場所」があります。 が、その「場所」が物に溢れて呼吸をしていなければ、そこに住まう人までも呼吸ができなくなってしまいます。

何を居心地がいいと感じるかは、人によって当然異なると思いますが、 実は、基本形の“美”は存在します。 やましたひでこさんは、それを「7:5:1の法則」と読んでいます。

「見えない収納」=7 「見える収納」=5 「見せる収納」=1

の分量に留めると、誰が見ても美しく、そして心地よく物と付き合って過ごせるそう。

「少ない」を良しとする価値観。原点回帰のすすめ

昔の日本では物が少なく、人は工夫をして1つのものを色んな用途に利用して使っていたと言います。 少ないことを恥じず、必要最低限のもので暮らしていました。 けれど、文化が成熟すればするほど、大量の物が生活に溢れ、何でも手に入るし1つの物に対して、あまりにも選択肢が多すぎるように思います。

これは、昔読んだちきりんさんの書籍にあったエピソードです。 (確か、「ゆるく考えよう」だったかな〜)

ちきりんさんは、ドラッグストアの歯ブラシ売り場を見て、一体何種類あるのかと驚愕してしまったそう。 この経験、私もあります!全くこだわりがない私は、いつも一番安いやつを買っていますが(笑)、こだわりがある人はさぞかし選びがいがあるでしょうね。 そしてそういう人こそ、今の世の中はまさに至福なんでしょうね!

***

そういえば、私は食べ過ぎるとすぐにお腹を壊してしまいます。 お腹を壊すのが、お腹から私に対する、“過剰ですよ”というサインらしいです(でも、つい食べ過ぎてしまいますが・・・)。 「少ないのが良し」いい言葉ですよね。 たくさんありすぎる物ばかりに惑わされず、自分にとっての「一つ」を大切に暮らしていきたいと思います。

***

以上、「俯瞰力」ブックレビューでした! そもそもブックレビューを書こうと思ったのは、読書は好きで読むたびに新しい発見があったりするのに、結局いつの間にか忘れてしまって、あまり自分の糧になっていないというか、ただ私の中を通り抜けていくだけなんですよね。

それが勿体ないというか寂しく思い、こうして今回書きながら考える、ということをやってみました。

まだまだ未熟だけれど、他の本にも挑戦していきたいです。