すなみちな日々。

すなみち@楽に生きる方法を模索中。2児の東京在住アラフォー・ワーキングマザー。仕事と家庭、自分の両立について綴ります

結婚の決め手と、義両親との関係に思うこと

「結婚の決め手ってなんだった?」と聞かれることがあります。

そんな時、私は「相手のご両親に会って、この人なら大丈夫だと思った」と答えています。

最初に会ってから今に至るまで、ちょうどいい距離感を保てているなと感じます。 べったりが苦手な私でも、月に何回かは義実家に遊びに行き、ご飯などを一緒にいただく関係です。

もちろん、間に夫や子どもがいるからこその気楽な関係でしょう。 でもなぜか安心できて、顔を見るとほっとします。 相性がいいのかもしれません。 結婚のメリットって、「自分が生まれ育った家庭以外の家を知る」なんてのもあるなあ。なんてしみじみ感じます。

結婚相手の両親は、自分が選んだ親?

ac78995c62162a882745a13a0edce0db_s

「親は選べない」という言葉があります。

私は自分の両親と決して仲が悪いわけではありませんが「合わないなあ」と感じることも多いです。

一緒にいると、なぜか緊張する。 気を使ってしまう。普段、ほとんど電話もメールもしない。 お義理程度に、年に1回か2回、子供の顔を見せるのを名目に、帰省するだけ。 正直、実家に帰ると「早く自分の家に帰りたい」と思うことも多く。

私はあまりスピリチュアルなことを信じないのですが、江原啓之さんの本を以前読んだ時に、心に残った言葉がありました。

それは、

「結婚相手の両親は、自分が初めて自分の意思で選んだ親だ」

という言葉でした。

初めて、これまでのモヤモヤが晴れた気がしました。

よく考えればそうですね。 結婚相手は自分で選ぶのだから、それは相手の家族も自分で選んでいると同じこと。 関係が深まらなければ、相手の家族と会う機会はありませんが、だいたい本人を見ると親の顔が見えてくるもの。 大抵は、その資質や、家庭の雰囲気を受け継いでいますよね。

そういう意味で、私は夫の両親と初めてお会いした時、「彼と結婚しても大丈夫だ」と思ったのです。

夫と同じおおらかな雰囲気。気さくな人柄。親しげな笑顔でした。 それは今も変わりません。

義両親との関係。それは夫との関係でもある。

8c48a3dac9d55ac60329c59ab26e8de8_s

もちろん、7年の結婚生活の間に義両親との間にトラブルはありました。 でもそれは一生引きずるような恨みにはなっていません。 まあ、忘れることはないけれど...ご両親を恨んでいません。

それよりも、もらっていることの方が多い気がします。 家に行くと、いつも笑顔で迎えてくれること。 美味しいご飯をご馳走してくれること。 私を嫁としてというより、娘みたいに扱ってくれること。 子どもが熱を出して仕事を休めない時、すぐに家に来てくれ、見ていてくれること。

本当に感謝です。

自分の両親との関係

家を出て初めて、自分と親との間に物理的にも心理的にも距離ができ、これまで当たり前と思っていたことがそうでもないことや、知らなかった価値観を知った気がします。 だから、たまに実家に帰ると息苦しくなる(笑) そんなこともあるのだなあーと思います。

特に、母親との関係ですね。

結構、気づかないうちにすごい影響を受けてたりします。 怖いのは、自分の価値観だと思い込んでいて、実際にはそれが親の価値観だったりすることです。 自分の底からの価値観じゃないので、間違っていることに気づけない。 だから、理由は分からないけどうまくいかないこと、多分あるのじゃないでしょうか。

女性は嫌でも母親から影響を受けるので、母親べったりで、かつ人生がうまくいかない人は、一度離れてみることをお勧めします。