すなみちな日々。

すなみち@楽に生きる方法を模索中。2児の東京在住アラフォー・ワーキングマザー。仕事と家庭、自分の両立について綴ります

私がお母さんになって変わったこと。 ②

前回の記事「私がお母さんになって変わったこと。」では、どちらかというと、子供を産んで変わったことのマイナス面なことを書いてみたのですが、もちろんプラスの側面で、変わったというのもあるわけで。

今回は、子供を持って変わったことの、いい面を書いてみたいと思います!

97d0c3e296e59bbcb0f0ea9733cd8a1d_s

 1.ポジティブ思考になった

私はもともと物事に対して考えすぎる、ネガティブ思考な面が強かったのですが、日々子どもを育てていかないといけない中で、いちいちネガティブしてる余裕がなくなりました(笑)。育児ってほんとうに現実的にならざるを得ないですよね〜。そんなわけで、ある意味強制的にポジティブになったし、タフにもなったと思います。

2.公園でぼーっとしててもOKなポジションを手に入れた

私は子どもをよく公園に連れていくんですが、子どもが遊んでいる間、子どもの様子をぼーっと眺めているか、趣味の写真を撮ったりしてそれなりに楽しくやっています。 公園って大人になるとあまり行かなくなりますが、花や緑も多いし、癒されますよ〜。

3.子どもの持ち物を買う楽しみが増えた

子どもがいると、その成長に合わせて様々な買い物をする機会が増えます。

機能的でお洒落なベビーカー、色んなデザインありすぎな授乳用具、抱っこ紐、可愛いお洋服、カラフルなオモチャたち...。赤ちゃんの頃は、色んなベビーグッズを買ったなあ...。

そういう買い物が面倒くさい!なお母さんもいるかもしれませんが、私はもともと買い物好きなので、選ぶところから割と楽しんでやっています。

4.行動範囲や視野が広がり、情報量も増えた

多くの人がそうだと思うのですが、子どもができるとどうしても、それに合わせざるをえなくなります。「お母さんだから」と我慢することも確かに増えますが、むしろ自分がこれまで興味のなかったところに行ったり、やったことがなかったことをする機会が多くなります。

たとえば私の場合は、圧倒的に外出量が増えました。 夏なら子ども神輿に参加してみたり、わざわざイベントを検索して子どもを連れて行ってみたり、遊園地に出向いたり。その動機はシンプルで、ただ「子どもの喜ぶ顔が見たいから」。

でも結構楽しいし、刺激ももらえる。 これが一番大きな変化じゃないでしょうか。

***

以上、「私がお母さんになって変わったこと。」の良かったこと編でした!