すなみちな日々。

すなみち@楽に生きる方法を模索中。2児の東京在住アラフォー・ワーキングマザー。仕事と家庭、自分の両立について綴ります

mixiでかつての自分に会いに行ってきました。

0cb1f0768375bc84a2b89203c3758503_s

mixiアカウント、残ってますか?

今日ネットをしていたら、たまたま覗いたページがmixiのページでした。 mixiと言えば10年以上前に流行っていた、今は懐かしいSNS。 今30代の方ならやってましたよね〜!? mixi独特の、内輪だけで盛り上がる感じが楽しくて、その頃はまめに日記などを書いていたっけ。

でもだんだん日記もそこで書かなくなって、ついにログインもしなくなり、かなりご無沙汰になってしまっていました。

今日、そうだログインついでにアカウント消しちゃおーっと。もう見ないし。と思って超久々にログインしたのですが...

つい、昔の日記などを読み返してしまった(爆)

↑ありがち!!

そこには若き日の自分がそのまま詰まっていました。

昔の日記を読むということ

ちょうど10年前。ちょうど私が上京して初めての一人暮らしを経験していた頃。 夢を見て、それなりに若い人生を謳歌していた頃。 若いなりの勢いや、遠慮のなさや、磨かれていない様などが充分に残っていた頃。 友達付き合いも盛んで、しょっちゅう誰かと会っていた頃。

そんな頃が、かつてあったんだなあーーーーという思いにあふれました。

そして、意外にもそんな頃のことを今やすっかり忘れてしまっているということ...。

そう、事実じゃなくて「感覚」を忘れてしまっているんですよね。

だけど、当時の日記には「悩み」「葛藤」「たくましさ」「無邪気さ」「軽さ」などがありありと残っていて。 とっても自分らしくキラキラした様子に、眩しさを覚えました。

特にmixiは、内輪しか読まないということで、割と自分の心情をありのままに語っていたんですよね。 それに繋がっていた友達も、率直に返してくれていて...。なんか、今見てもすごく嬉しかった。

昔の感覚を思い出すのも時には大事?

8f133aa92418743b00046f7fdb6f3629_s

日記を見ていて、薄々気づいていたことですが、自分って結構変わってしまったのかな?と。 そりゃ10年経ったので変わらないはずはないのですが。

  • いつの間にか、カチカチな頭&心になってしまった。
  • 人を選ぶようになってしまった。
  • かたくなになってしまった。
  • 辛抱強くなってしまった。
  • 人の目を気にするようになってしまった。

これが“大人”になってしまったということなのでしょうか?

だけど、いいこともあります。 その頃の日記には「自分が子どもを持ったら好きなことができるのか?」みたいな悩みも書かれていたのですが、その頃の私には子どもがこんなに可愛いだなんて想像もつきませんでした。 まあ、確かに自由な時間はあまり持てなくなるけど、10年経って「答え」が分かりました。

子どもがいる人生は人それぞれでもあるし、体験してみないと分からないことの1つですよね。

なぜ自分はあの頃のキラキラした感じを失ってしまったのか?

cfdfd55342ab516684ed6df9a60e2daf_s

日記を書いた頃は、確かに自分の人生の中で一番輝いていた頃。

今は今で幼児2人を育てていて、まさに「子育ての黄金期」。それはそれで幸せだな、充実してるな、とは思います。 でもその反面「今は小さい子どもがいるからできない」がずいぶん増えました。 そういう「できない」が少しずつ積み重なっていって、かつてのキラキラを失ってしまったのかも。

または、結婚してからこれまで、何度かシビアな現実に直面してきました。 いわゆる「酸いも甘いも」経験を積んできた結果、10年前には持っていた、夢見るようなフワフワした感覚をなくしてしまった気がします。

そして、未来が思い描いていたものと少し違っていたということも。 私の場合、子育ては夫婦2人で協力し合ってするものと思っていましたが...現実は、私ばかりが走り回ってばかり。 そういう現状に不満を募らせても、恋愛時代と違って、妥協と諦めが結婚生活の秘訣になりつつあります。

そんな理想と現実のギャップに心がすり減り、「諦め」がジワジワと自分を支配していくような感覚。 だんだんと疲れていく自分。

また、友人関係も随分疎遠になったような。 今でも地元に帰ればお互いの環境など気にせず会える友人もいますが、段々と昔みたいにストレートに話せない話題もできてきました。 遠慮のない、気の置けない関係って若い頃ならではのものだったのですね。

***

そんな中、ふいにあの頃の自分がmixi日記を通して突然よみがえってきたのでした。

あのキラキラした感覚。自分が自由であると信じていて、見えない未来が待っていた頃。 そんなかつての感覚を、久々に取り戻したいと思った今日でした。

(結局、そんな思い出を消すのが忍びなくて、mixiアカウントは消すことができなかったなあ〜^^;)