すなみちな日々。

すなみち@楽に生きる方法を模索中。2児の東京在住アラフォー・ワーキングマザー。仕事と家庭、自分の両立について綴ります

久々の夫婦ゲンカが勃発した話

たんぽぽクラス

朝の忙しい時間、それは勃発しました...。

娘(10ヶ月)がいつの間にか口にシールを入れてモグモグしているところを、夫が発見。

夫「手の届くところにこういうの(紙類とか)置いとくなよ!」

私、キレました。

私「私も置かないように気をつけてるよ!上の子(3才)がすぐ引っ張り出してそこらに散らかすんだから、仕方ないじゃん!!」

夫「じゃあ上の子の手の届くところに置いとくな!」

私「置いてないよ!自分で椅子やら引っ張り出していつの間にか取ってるんだよ!そもそも私にキレないでよ!偉そうに言うなら自分が完璧にやってからにしたら!?」

夫「じゃあ赤ちゃんが紙を食べてもいいって言うんだな!?」(←この反論なんかオカシイですよね)

私「別にいいよ!」(←売り言葉に買い言葉)

久々のケンカでした。

***

もちろん、娘が口に入れられるようなものを周りに置かないように気をつけているつもりです。 だけど、シールとか紙とかお尻ふきとかを口に入れてモグモグされるのはもう日常茶飯事になっちゃって、正直「あーまたか」みたいになっている。取り上げても片付けてもエンドレス。1日10回くらいやってる私って要領悪いの?赤ちゃんって紐(iphoneのケーブル何本ダメにされたことか...)とか紙とか、大好物ですよね...。

とりあえず怒りのエネルギーを断捨離に向けてみた

しばらくしても怒りの気持ちが収まらない私。 「手に届くところに何もない方がいいんでしょ」とばかりに、普段子どもにいたずらされてばかりの日用品や飾り物をリビングから取り去って、袋に詰めて、とりあえず納戸へ放り込んでみた。

少しだけ気持ちがスッキリ。(なんだか後ですごい困りそうな気もしますが)

その勢いのまま「やっぱりモノが多すぎるのが悪いんだー!」とばかりに、もう着ない服や遊んでないオモチャや、なかなか捨てられなかったインテリア小物とか(←友人にもらったけど置くところがなくて使ってない)上の子が小さい時に手作りしたオモチャなどもゴミ箱へ!

これでも一向に減りそうにないモノたちは、まだまだたくさんでげっそり...。 モノって、どんどん増えるくせに、減らすのって本当に難しいのね。

特に私はモノに感情を込めてしまうタイプで、一つ手に取るたび「ああこれはあの時の...」っていちいち感慨に耽ってしまって捨てられないの

なかなか捨てられないあなたへ

私のように、なかなかモノを捨てられないあなたへ。

今回のように、怒りのパワーを断捨離に向けるのも一つの方法かもしれません。あまり健全じゃない気もしますけどね。何だか後から頭抱えて後悔しそうだし。ただ、モノを捨てるのって、自分にとってはすごくエネルギーがいることで、普段なかなかできないのです。 私は、サイズアウトした服とか「明らかに要らないだろー」というものでさえも、しばらくはそれに“想い”が宿っているような気がして、少し期間を空けてから処分しています。

うん、自分の想いが重いんだな私は。

ただ、モノが増えるとストレスを抱えることになるのは事実。 今回みたいに、夫婦喧嘩に勃発することも。

モノを捨てると、

モノが減る→収納場所がたくさんある→すぐしまえる→散らからない→子どもがイタズラしない or 赤ん坊が食べちゃだめなものを口にしない!

なんて、良い循環が産まれるはずなんですけどね。

こんなふうに、うまくいくんですかね。うまくいかないような気もするけどね。

しかしとりあえず、これからはリビングに触ってほしくないものは極力置かないようにしたいです。 または、自分でお片づけする習慣を付けさせることですね。 上の子はもう3才だから、本来ならできるはずなのだが。

あーあ、悔しいからホントにホントに何とかしたいわ。