すなみちな日々。

すなみち@楽に生きる方法を模索中。2児の東京在住アラフォー・ワーキングマザー。仕事と家庭、自分の両立について綴ります

ダイビング器材を買取してもらいました

以前から処分したいと考えていたダイビング器材(フィン、マスク、スノーケル、バッグ、グローブ)。 「街のダイビング屋さん」というウェブショップに、買取査定に出していました。

ダイビング器材の買い取り

査定のために先方に直接引き取ってもらい、先日「1,000円」という見積り査定をいただきました。 換金ではなく、モノを減らしたいがための買取なので、特に業者比較などもせず。 器材は10年以上に購入したもので、ゴムが劣化して黄ばんでいたし、捨て方も分からないので、せめて中古として引き取ってもらえれば・・・という感じでした。 買取額はつかないかも?と思っていたので、多少値段がついたので嬉しかったです。

ダイビングセット、長年とても場所を取っていました。 結婚してからは全然使用していなかったし、おそらく今後も使う予定がないもの。 思い入れもあまりなく、もしどこかに潜りに行く予定があっても、行き先でレンタルするでしょうね・・・。スノーケリングセット程度なら2,000円もあれば借りれるだろうし、現地まで重い器材を持っていくのは嫌だ^^;

ずっと物置に押し込んでいたので、その分スペースがぽっかりと空いて、気持ちがいいです。 この物置が魔窟で、不要なものがまだまだとりあえず押し込んであるのですが・・・。 産休に入ったら、一気にスッキリさせたい!なんて考えてはいますが、「これって捨てるのOKなの?」というような曖昧なものばかりなので、一筋縄ではいかないかもしれません。

やっぱり、置き場所やしまい場所があると、その分つい物を入れてしまいますよね。定期的に引越しをする機会があればそのたびに精算されていいかもしれません。

とにかく、自分の持ち物を少し減らすことができたのは良かったなあと思います。