すなみちな日々。

すなみち@楽に生きる方法を模索中。2児の東京在住アラフォー・ワーキングマザー。仕事と家庭、自分の両立について綴ります

母との関係、両親との関係...全ては相性でできている?

私が19歳の頃、初めての彼氏ができました。 とてもとても嬉しくて、さっそく母に報告しました。

すると「彼は何学部?」と聞かれました。 私は「経済学部」と答えました。

すると母は、「なんで工学部の彼氏じゃないん?経済学部なんか将来性ないわ!」と言うので、びっくりするとともに、ショックだった記憶があります。

その後私は、経済学部の彼氏とは別れて、工学部の彼氏をつくり、誇らしげに報告しました。「今度は工学部のカレだよ!」 今度こそ何か言ってくれるだろうと思ったのに、母は何も言いませんでした。

***

思い返してみると、母が本当に私を認めてくれたことなんて、人生の中で一度もなかったような気がします。

f8baf2fbfaccbaa31153fe93107148cd_s

母親と娘の関係は、時には少々複雑で、面倒臭くなることも多いようです。 やはり一番身近な同性ということなのか。 母親は娘に自分の価値観が正しいと刷り込み、娘はそんな母親に反発する。 一卵性母娘、という言葉もあります。

母が私を嫌っているとは思っていません。 母は母なりに私の幸せを信じ、心配し、いつでも最大限尽くしてくれていると感じています。 でも、合わないこともある。それだけのこと。

***

友人や恋人なら自分で選べるけれど、親は選べませんね。 不思議な話だけれど、自分が結婚したとき、会場の隅に立つ両親を見て「まるでどこかのいい人たちみたいだなあ」と感じました。 物理的に親から離れてみて、やっと客観的に、親の姿を見ることが出来たんです。

***

今、自分が子育てをしていて、やっぱり相性というものを感じることがありますね。 子どもが自分の期待するとおりに進むわけじゃない、自分の価値観を押し付けてはいけない、そんなふうに思いながら、子育てをしています。