すなみちな日々。

すなみち@楽に生きる方法を模索中。2児の東京在住アラフォー・ワーキングマザー。仕事と家庭、自分の両立について綴ります

手元に本を置いて、ちびちびと楽しむ習慣

fac2eedb20be826c9c172424a5f47652_s

先日、久しぶりに本屋に行ったら、新しい本を3冊も買ってしまいました。

そこで思ったこと。やっぱり新しい本はいいなあ!「この本にはどんなことが書いてあるんだろ?」って未知の物に出会う前のワクワク感がたまらない。 自分の状態や環境って常に変わるもの。 お気に入りの本をいつまでも大事に持っているのもいいけれど、やはり本はその人に合わせて流動的に出入りがあるものなのだ、と思いました。

自分を変える習慣力 (ビジネスライフ)

以前から書店で見かけて気になっていた本。パラパラと立ち読みした時点で、自分も何か習慣力を身につけたくなりました(笑)。停滞気味の自分を変えたい!そんな思いもあったかも。 さっそく新しい習慣をいま実践中です。

最小限主義。

 

これもぱらっと立ち読みして気になった本。 ミニマリズムの果てにあるものとは...?シンプルだけれど心を刺すような文章が印象的。ミニマムになることが目的じゃなくて、その後の精神的な変化に多く触れてあったので、興味を持ちました。

ミニマリスト日和

 

ミニマリスト”に感心を持った頃、ブログ 「ミニマリスト日和」を見つけてしばらく読んでいたので、つい買ってしまいました。 ストイックなミニマリストになるのは抵抗がある。好きなものは好きなもので持ち続けていたい!そんなゆるっとしたミニマリストを目指したい方にはおすすめ。手書きのイラストが親近感を感じさせてくれます。 自分的には、洋服についてのミニマリズムの話(私服を制服化する!)が面白かったです。

参考記事:「ついに実現!少ない服で着回すコツを見つけました」

***

どの本も今話題の本のコーナーに置いてあったので、探せばすぐに見つかると思います。興味を持った方は、ぜひ読んでみてください。

ミニマリスト”については、書店コーナーには類似本がてんこもり。改めて「流行ってるのだな〜」と感じました。

***

子どもと一緒に過ごしていると、何となくふと手持ち無沙汰になる”隙間時間“が発生します。 そんな時、ネットサーフィンをして断片的な情報を拾うよりも、すぐ手が届くところに本を置いてぱらぱらとめくり読みする方が、満足感があり、心地よかったりするのです。

上記3冊はしばらく手元に置いて、お酒をちびちび飲むように、じっくりと味わっていきたいと思います!