すなみちな日々。

すなみち@楽に生きる方法を模索中。2児の東京在住アラフォー・ワーキングマザー。仕事と家庭、自分の両立について綴ります

30年を経て今ここにあるもの

小学校くらいの女の子なら、シールやキラキラした可愛いペン、レターセットなどをひたすら集めたり、交換して楽しんだりする時期があるのではないでしょうか。

私にもそんな時期がありました。 特に夢中になったのは、シールとレターセット集め。 ブームが過ぎても、可愛いものを見かけると何となく買ってしまったりして、年齢を経るたびに少しずつ増えていきました。そして大人になってからも、なまじっかお気に入りだったために捨てたりすることがどうしてもできなくて、そのままかつての宝物としてずっと実家で眠っていました。

そして今は、息子の玩具として、ここにあります。

150211-1

30年くらいの時を経た今、自分の子供がかつての自分の宝物で遊んでいるという不思議。

***

実家に帰った時に、私や弟がかつて遊んでいた玩具のいくつかが、運良く残っていました。

「あまりこれで遊ばなかったなー」という玩具も、我が子が嬉しそうにいじくって、遊んでいたりすると不思議とほっとする。玩具としての天寿をやっと全うさせられたような気がして、良かったね、なんて心の中でつぶやいてみたりするのです。

150211-2

昔、勿体なくてどうしても使うことができなかった大切なシールが、幼い息子に雑に玩具にされているのを見ると少し切ないですが・・・。まあ、これで良かったのだろうな。

ちなみにシールたちは、100均で買ったカードホルダーに入れて大切に保存されてありました。 きっと娘が大きくなったら、いずれシールを集めだすだろうから、これを渡して、一緒にまた集めてみてもいいかもね?

150211-3

(後日談) 30年って・・・経ちスギですね。私は今30代ですので、自分が小学生だった頃からせいぜい20年でした。今更訂正するのもアレなので、ここでこっそり訂正しておきます!笑