すなみちな日々。

すなみち@楽に生きる方法を模索中。2児の東京在住アラフォー・ワーキングマザー。仕事と家庭、自分の両立について綴ります

2人育児をこなすコツとは?

楽しみにしていた2人育児がようやく開始。 だけど、これは思っていたよりも大変だなと思い知らされました・・・。

150118

2才差の出産でぶち当たる壁!

2人目を出産、というと多くの方が2才差を希望するのではないでしょうか? 年子だと体力的に大変だし、3才差だと入学のタイミングが重なって経済的に大変、4才差だと出産年齢が気になってきますしね。

私も上記をふまえた結果、2才差を選択しました。けれどその場合、上の子がちょうど手がかかってくる時期「イヤイヤ期」にぶつかる可能性が高いんです。

赤ちゃんは割と楽、だけど上の子が・・・(><)

赤ちゃんは意外に楽です。だって1人目でお世話には慣れているし、多少泣いてもドンと構えていられる精神的な強さがあります。

だけど、思った以上に上の子が怪獣化するのにはびっくり!

イヤイヤ期とは、これまで全ての行動において受動的だった子どもが、だんだんと自分の自我を持ち始め、自分でやりたい!(><)と主張し始める時期。 本来なら喜ばしい成長のはずだけど、さっさと済ませたい母親と、マイペースにやりたい息子とのぶつかり合いが勃発!色んなシーンで思ったとおりに物事が運ばないようになります。いや、もう基本的に思ったとおりにできないと考えた方がいいかも。

我が息子の場合、一番手こずるのが、“保育園イヤイヤ”と、“オムツ替えイヤイヤ”ですね〜。 とにかくこの2つは、パワー全開で抵抗してくるので、女である母親には手に余ります・・・。(でも結局は、どうにかやらざるを得ないんですけど。汗)

ペースを作り、コントロールする

そんな私。2人育児のカギを考えました。

それは、母親自身が自分のペースを作り、コントロールすること。

育児のイライラやストレスって、自分のペースをことごとく崩され、家庭がコントロールできないことにあるのではないでしょうか?

だから、ただでさえ子どもに振り回されることに終始してしまう2人育児。母親自身がペースを作ってさっさと動いてしまえばいいんじゃない!?

私の場合、現在育休中なので、上の子を保育園に預けている間(9時〜16時)に最低限の家事(洗濯・料理・掃除)をこなす。そして上の子が家にいる時はなるべく相手をする。申し訳ないけど手がかからない時期の下の子は、最低限のこと(ミルク・オムツ・入浴)だけはするからね!というスタンス。

まずは、パラダイスタイム(笑)である、9時から16時の間のスケジュールを決めてみることにしました。これは次回の記事で公開します。