すなみちな日々。

すなみち@楽に生きる方法を模索中。2児の東京在住アラフォー・ワーキングマザー。仕事と家庭、自分の両立について綴ります

祇園祭で思い起こすあの頃のこと

京都で祇園祭の真っ最中ですね。

祇園祭の話題を耳にするたびに、蘇る記憶があります。

 

まだ独身だった頃、京都の割とすぐ近くに住んでいたので、一度だけですが祇園祭を見に行ってみたことがありました。

 

祇園祭というのは、1ヶ月間ずっと開催されるお祭りで、私は友人と行ったのですが、そんなに混んでいるふうもなく、ただ夜の京都を味わいに行ったという感じでした。

 

民家で工芸品などの展示が行われているのも興味深くて。普段は入れないようなところまで一般公開されていて、それもどこか非日常感があり、当時まだ若かった私は、とてもワクワクして巡ったものでした。

 

f:id:sunamichi:20190724161757j:image

 

細かく入り組んだ道のあちこちを、巨大な鉾や子供神輿たちが休憩しているのが見え、夜の京都を背景に、非常にエキゾチックでゾクゾクしたのを覚えています。

 

当時はまだ子供に全く関心がなかったけど「いつか子供ができたらあんなふうにお祭りに参加させるんだ」と語ったこともよく覚えております。

 

あの頃はスマホもなかったので、その時の写真などが残っていることもなく、ただ私の記憶の中だけにある出来事です。

 

そんなふうに、まだ独身の頃に「大人になったら◯◯するんだ」と当時ワクワクした記憶が、今でもふっと思い出されることがあります。

 

いつか好きな人ができたら。

大人になったら。

お金持ちになったら。

結婚したら。

そしていつか子供が生まれたら

 

まだ見ぬ未来に思いを馳せた、たくさんのキュンとしたときめき。

叶った夢もあれば、叶わなかった夢も。

 

若さゆえの憧れや野望というものは、今はもう取り戻せない、返ってこない感情だなとつくづく感じるのです。

 

そんな甘酸っぱい記憶や感情は、誰しも心にそっと秘めているのではないでしょうか。

 

私にとって祇園祭という言葉は、いつもそんな懐かしい感情を思い起こさせるのでした。

 

 

夢みる頃をすぎても (小学館文庫)

夢みる頃をすぎても (小学館文庫)