すなみちな日々。

すなみち@楽に生きる方法を模索中。2児の東京在住アラフォー・ワーキングマザー。仕事と家庭、自分の両立について綴ります

小学生の夏休みの過ごし方と宿題について

夏休みですね。

共働きの我が家では、朝から夕方まで学童に通う日々が始まりました。

 

それとともに、お弁当準備のために朝30分早く起きる生活も始まりました。

 

冷凍食品もどんどん活用しつつ(甘党の息子には「ごま団子」「スイートポテト」を入れたら好評でした!)、とにかくこの暑さなので、食材が傷みにくいことと、ボリューム(だんだん食べる量が増えてきた…)に注意して、親もバテてしまわないよう頑張っています。

 

さて、小1の夏休みの宿題。

うちではこんな感じでした。

 

  1. 夏休み用の薄いドリル
  2. 漢字プリント2枚
  3. 絵日記1枚
  4. 朝顔の観察カード1枚
  5. 自由研究
  6. エクササイズ表
  7. 歯磨き磨き残し調べ
  8. 計算カードを使っての練習

 

小1だとまだお勉強も本格的でなく、日々の習慣づけ的なものが多い印象です。

 

さっそくドリルや漢字プリントなどの作業的なワークは、いつもの宿題代わりにささっと終えることができました。

 

f:id:sunamichi:20190724142506j:image

 

残りの日々で、観察カードや自由研究、歯磨きなどの面倒くさい系をいつ頃やらせていくか?

うちの息子はまだ自主性なんてものもなく、計画性もないので、それは親がうまくやらせていくしかないんだよなあ…。

 

とにかく、これまで培ってきた日々のリズムが崩れないよう、朝の出発時間も帰宅時間も変更せず。親も極力いつも通りの日々を過ごしています。

 

まだまだ小1。学童に行きっぱなしの毎日だけど、できるだけのんびりした生活をさせてあげたい。

 

まだ受験も部活もない今だけが、それが叶う貴重な時間なのかなあ。

と感じています。