すなみちな日々。

すなみち@楽に生きる方法を模索中。2児の東京在住アラフォー・ワーキングマザー。仕事と家庭、自分の両立について綴ります

子供の習い事。ボルダリング始めました。

少し前からあれこれ悩みまくっていた習い事。

 

とりあえず近所で通えるところからあれこれリストアップして探して、ついには習い事の最終目的まで考えたり…(汗)

 

何やら考えすぎなところもありましたが、とりあえず先月から、息子がボルダリング教室に通い始めました。

 

決め手は、教室がとにかく近いことと、息子に聞いたら「やりたい」と言ったこと。

 

超シンプルですが、今のところはいい感じにマイペースに通っています。

 

平日だとあまり混んでいなくて、日によってはマンツーマンに近いところも、本人に負担なく通えているかな。

 

スクール生だと、スクールのない日も「自主練(※ただし親の同伴あり)」できるのも、暇つぶしになってちょうどいい。

 

そして不思議なのですが、私自身もスクールに顔を出すのが心地いい。

 

時には練習をぼーっと眺めているのですが、なかなか楽しい。

 

息子が真剣な表情で汗を拭いていたりすると、親として、なんかキューンと来るものがあるよね。

 

f:id:sunamichi:20190717004213j:image

 

あと、思ったのが、やはり何かを始めると、自然と世界が広がっていくこと。

目標ができて、次はこれ…と、視野がぐんぐん広がっていくんです。

 

まだまだ先のことだけど、他のジムの話やコンペ、大会の話や、オリンピックの話題まで。

 

これまで全然知らなかったーっていう世界が、子どもを通して親も広がっていく。

 

そういう感覚、久しぶりで、少しワクワクさせられました。子どもに感謝ですね。

 

自分がやるのじゃないから、ある意味気楽なんですよ。

できるとこまで、やればいい。行けばいい。

そんな姿勢で今は見守ろうと決めています。

 

もしかしたら、青春やライフワークになるかもしれないし、ならないかもしれない。

 

でも鍛えた身体や感覚はきっとどこかに残ってるよね?

楽しい感じ、ハマった感じ…まだ小さいけど、覚えてるよね?

 

少し前、考えすぎてゴチャゴチャしてたのが馬鹿みたい。

 

プロにならないかも、役に立たないかも、なんて…

 

本当に、意味のない「大人の」考えだったんだなあ。

 

とりあえず、まだ2ヶ月。

今の目標は、楽しむことと、一人でジムに行けるようになることです。

 

そして2020年のオリンピックは、ボルダリング競技の観戦を子どもと楽しむ予定です!