すなみちな日々。

すなみち@楽に生きる方法を模索中。2児の東京在住アラフォー・ワーキングマザー。仕事と家庭、自分の両立について綴ります

我が家のゲーム事情

8月は、息子の7才の誕生日です。

誕生日プレゼント何にしようか〜なんて、「小1 プレゼント」など色々検索しても、なかなか良い物が見つからない!

 

そもそも小1って何で遊ぶの?

お家でどのように過ごしているの?なんて、モヤモヤ考えていました。

 

夫に相談してみたら、すぐ「プレゼントもう買ったよ〜」とのこと…!

 

なんと!

小1の息子の誕生日プレゼントは、夫がアマゾンプライムセールで購入した、Kindleに決定しました。

 

f:id:sunamichi:20190717001246j:image

 

我が家には、既にKindle端末が一台あるのですが、いつも子ども2人で取り合い状態です。

いつもケンカばかりするなら、1人1台ずつ与えた方が、平和じゃない?とのこと。

 

確かにそうかもなのですが、まさか1人1台端末持ちとは…!

本当に今更ですが、何となくさすがに少し抵抗を感じましたね…

 

いつからデビュー?ゲームやタブレット

 

我が家のゲーム事情は、親のスマホでぽちぽちキッズ向けアプリをいじることからスタートしました。

 

病院とか、長引く待ち時間の時など、やっぱり便利なんです。

子供は本当にゲーム好き。

たわいも無い単純ゲームでも、すごい夢中になりますよね。

 

次に与えたのはタブレット(iPad)。

YouTubeや「ワオっち」などのキッズ向けアプリにはまっていきました。

もちろん1日30分〜1時間などの時間制限はつけるのですが、外出後など親が超疲れてる時なんかは、やっぱり親がラクするの優先で、そのままやらせ続けて〜状態は、よくありました。

 

せっかく子どもを疲れさせるために外出しても、親の方が疲れてしまってるの、あるあるですよね(汗)

 

しかしこのiPadはじきにバッテリーが駄目になってしまい…

子どもが自然とタブレットから離れて喜んでいたはずなのに!

夫がまたタブレット(Kindle)を与えてしまいました(怒)

 

と言っても、正直家のオモチャではあまり遊ばなくなってしまい、かと言ってそうしょっちゅう公園やら児童センターには、あまり行きたくないこともあり。

 

何だかんだ、タブレットには助けられているのかもしれません。

 

ゲームが悪いの?親も悪い?

 

夫がいわく、「ゲームをするのは悪いことじゃないと思う」と言います。

 

確かに、ゲーム自体は悪いものじゃない。私も小学生の頃はマリオやドラクエにはまり、連日テレビにかじりついていましたっけ。

 

今のところ、息子と娘にはキッズ向けアプリしか与えていません。任天堂スイッチも必要ないし、オンラインゲームなんてもってのほか!

(さすがに、はまりまくって抜けられない恐怖の未来が目に見えてるから!)

 

悪いのは、延々と長時間ゲームし続けることだよね。

大人だってそう。

スマホやゲームに貴重な時間を奪われてる。分かっていても辞められない…

まだ未熟な子どもには、楽しいゲームの魅力には簡単には抗えないだろう。

 

とは言っても、小学生男子にとって、中毒みたいにゲームにはまり込むのは、いずれ通る通過儀礼なのだろうか?

 

はーっ、頭痛い…

 

世の中のお母さんたちは、こんな罪悪感と言い訳(汗)の間を行ったり来たりしつつ、子どもにゲームを与えているのかなあ?

 

たまにですが、「うちは完全ゲーム禁止。ゲーム機も与えない!」を貫いてる、意志の強いお母さんに出会うとマジで尊敬ですよ。

 

本当は、私もそんなふうに意志を貫きたいはずなんだけど、うまくいかないもんだなあ…

 

積み木のビー玉転がしで素朴に遊んでた、4歳頃が懐かしすぎる。

なんて思う今日この頃なのでした。

 

Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) 32GB

Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) 32GB

 
Kindle Paperwhite 電子書籍リーダー 防水機能搭載 Wi-Fi  8GB

Kindle Paperwhite 電子書籍リーダー 防水機能搭載 Wi-Fi 8GB

 
Fire HD 10 タブレット (10インチHDディスプレイ) 32GB - Alexa搭載

Fire HD 10 タブレット (10インチHDディスプレイ) 32GB - Alexa搭載