すなみちな日々。

すなみち@楽に生きる方法を模索中。2児の東京在住アラフォー・ワーキングマザー。仕事と家庭、自分の両立について綴ります

「ミニマリスト」から影響を受けた話

久しぶりに、ミニマリスト本を読みました。

無印良品とはじめる ミニマリスト生活」

ここ数年で、すっかり出尽くした感がある「ミニマリスト」本。

f:id:sunamichi:20181016091810j:plain

正直、最近はお腹いっぱい感があったのですが、私の大好きな無印良品と絡めた本ということで、図書館で見つけて借りてみることにしました。

著者であるやまぐちせいこさんは、転勤族を経てミニマリストになったそう。
確かに、引っ越しって物を捨てる最大のきっかけですよね。
引っ越しのたびに身を軽くする必要があるものだから、おのずと自分たちが持つ物と向き合うことになるよね。

私が前回引っ越したのはもう10年くらい前になりますが、この家に住んでからも、ずいぶん物が増えたような気がします^^;

 

ミニマリスト生活で、家族のけんかが減る!?

やまぐちさんは、著書の中で、ミニマリストになることのメリットをこう挙げています。

1.「家族のけんか」が減る
取り合う物がそもそもないから、けんかしないのだそうです。

2.「出費」が減る
物が減ると、自然と物欲が減るそうです。

3.「家事の手間」が減る
物が減ると、掃除が楽になって、家事の負担が軽減するとか。

4.「迷い」が減る
自分にとっての最優先が明確になるので、迷いがなくなるのだとか。

5.「自由な時間」が減る
迷いがなくなり、自分のための時間が増えるそうです。自然とシンプル思考になるということですね。

やまぐちさんが、ミニマリストになった結果、自然と残ったアイテムが、無印良品のものばかりだったそう。
確かに無印良品は、色味がベージュ、白…とシンプルだし、ナチュラルな素材感もシンプルな部屋を引き立てますよね。

私もよく無印良品に行くのですが、行くたびにあの整然と並んだ商品の棚や、色味の少なさにものすごく癒されています。

f:id:sunamichi:20181016091822j:plain

やっぱりこれは「理想」。
なりたい姿...ではナイ!?

それにしても、この本、写真もたくさん掲載されていて、ついまじまじと見つめてしまうのですが、
本ー当に、物が、少ないのですよ!
やまぐちさんは、子どもが2人(中学生、小学生)いらっしゃるということなので、
家族4人でこれだけの物!?
ウソ!?
って感じです^^;

確かに部屋数は3LDKと、我が家より部屋数も多いのですが、賃貸だし全体的には決して広くない…。
冷蔵庫もスカスカで、なんと「食品は、その都度買う」
(その日に買って、その日のうちに消費)
だそうです!
やっぱり真似できないな〜^^;

f:id:sunamichi:20181016091818j:plain

真似できないけど、やっぱり気になる、
ミニマリスト本を読んで得た影響は

やっぱり無理だよ、ミニマリスト
だって、私は服は好きだしお洒落したいし、見た目のきれいさよりも便利さが優先だし。
我が家の狭い収納スペースでは、今あるものを何とか詰め込むだけでいっぱいいっぱい。

でも、数々の白っぽい、余白たっぷりの写真を見た後は、なぜか急に、私も物をスッキリさせたくなって…
さっそく洗面所を片付けたのでした(笑)

使ってないコスメ、捨てる!
使ってないぼろ雑巾、今使う!
もしもの時に取っておいた、古い歯ブラシ…捨てる!
埃をかぶった収納箱、捨てる!

みたいなね(笑)

ミニマリストにはなれなかったけど、理想のラインを目指した結果、少しは整頓できたし、いっか。
それに、より高みを目指した方が、自然と着地点が引き上げられて、何も見ないよりは捗るなあと思いました。。

久しぶりに、ミニマリスト本を読みました。

無印良品とはじめる ミニマリスト生活」

ここ数年で、すっかり出尽くした感がある「ミニマリスト」本。

最近はお腹いっぱい〜と思っていたのですが、私の大好きな「無印良品」と絡めた本ということで、読んでみました。

著者であるやまぐちせいこさんは、転勤族を経てミニマリストになったそう。
確かに、引っ越しって物を捨てる最大のきっかけですよね。
引っ越しのたびに身を軽くする必要があるものだから、おのずと自分たちが持つ物と向き合うことになるよね。

私が前回引っ越したのはもう10年くらい前になりますが、この家に住んでからも、ずいぶん物が増えたような気がします^^;

f13c2bbb5be2c6bcf158fb0b80b29197_s

ミニマリスト生活で、家族のけんかが減る!?

やまぐちさんは、著書の中で、ミニマリストになることのメリットをこう挙げています。

1.「家族のけんか」が減る
取り合う物がそもそもないから、けんかしないのだそうです。

2.「出費」が減る
物が減ると、自然と物欲が減るそうです。

3.「家事の手間」が減る
物が減ると、掃除が楽になって、家事の負担が軽減するとか。

4.「迷い」が減る
自分にとっての最優先が明確になるので、迷いがなくなるのだとか。

5.「自由な時間」が減る
迷いがなくなり、自分のための時間が増えるそうです。自然とシンプル思考になるということですね。

やまぐちさんが、ミニマリストになった結果、自然と残ったアイテムが、無印良品のものばかりだったそう。
確かに無印良品は、色味がベージュ、白…とシンプルだし、ナチュラルな素材感もシンプルな部屋を引き立てますよね。

私もよく無印良品に行くのですが、行くたびにあの整然と並んだ商品の棚や、色味の少なさにものすごく癒されています。

9cdc94e8219a541b29bd7650b4148559_s

やっぱりこれは「理想」。
なりたい姿...ではナイ!?

それにしても、この本、写真もたくさん掲載されていて、ついまじまじと見つめてしまうのですが、
本ー当に、物が、少ないのですよ!
やまぐちさんは、子どもが2人(中学生、小学生)いらっしゃるということなので、
家族4人でこれだけの物!?
ウソ!?
って感じです^^;

確かに部屋数は3LDKと、我が家より部屋数も多いのですが、賃貸だし全体的には決して広くない…。
冷蔵庫もスカスカで、なんと「食品は、その都度買う」
(その日に買って、その日のうちに消費)
だそうです!
やっぱり真似できないな〜^^;

6750410044b803d38e91cc6b037dd1f0_s

真似できないけど、やっぱり気になる、
ミニマリスト本を読んで得た影響は

やっぱり無理だよ、ミニマリスト
だって、私は服は好きだしお洒落したいし、見た目のきれいさよりも便利さが優先だし。
我が家の狭い収納スペースでは、今あるものを何とか詰め込むだけでいっぱいいっぱい。

でも、数々の白っぽい、余白たっぷりの写真を見た後は、なぜか急に、私も物をスッキリさせたくなって…
さっそく洗面所を片付けたのでした(笑)

使ってないコスメ、捨てる!
使ってないぼろ雑巾、今使う!
もしもの時に取っておいた、古い歯ブラシ…捨てる!
埃をかぶった収納箱、捨てる!

みたいなね(笑)

ミニマリストにはなれなかったけど、理想のラインを目指した結果、少しは整頓できたし、いっか。
それに、より高みを目指した方が、自然と着地点が引き上げられて、何も見ないよりは捗るなあと思いました。。

181015-1

ミニマリストって、出家したお坊さんみたい...!

ミニマリストって、メッセージがシンプルなぶん強いし、カリスマ性もあって、なぜか強く惹かれる。

でもやっぱり、真似できないなあと思う。

物は確かに場所を取るけれど、便利で、豊かさの象徴でもある。

ミニマリストという生き方は、時にその便利さや、豊かさを、諦めることになる。

まるで、出家した人みたいだなあと思う。

ちょっと雲の上を見る感じというか。

ううん、だから見ていて楽しいんだと思う。

自分と同じような存在を見てても全然面白くないもんね。

そんなことを思った本でした。

また読みたいと思います!

ミニマリストって、出家したお坊さんみたい...!

ミニマリストって、メッセージがシンプルなぶん強いし、カリスマ性もあって、なぜか強く惹かれる。

でもやっぱり、真似できないなあと思う。

物は確かに場所を取るけれど、便利で、豊かさの象徴でもある。

ミニマリストという生き方は、時にその便利さや、豊かさを、諦めることになる。

まるで、出家した人みたいだなあと思う。

ちょっと雲の上を見る感じというか。

ううん、だから見ていて楽しいんだと思う。

自分と同じような存在を見てても全然面白くないもんね。

そんなことを思った本でした。

また読みたいと思います!