すなみちな日々。

すなみち@楽に生きる方法を模索中。2児の東京在住アラフォー・ワーキングマザー。仕事と家庭、自分の両立について綴ります

現実に疲れた私が女性誌の正しい楽しみ方を知った

先週末から子どもが高熱を出してしまい、なかなか下がらなくて会社を3日間も休んでしまいました。

最初こそ「急に体調崩すなんて、子どもながらに疲れが出たのかなあ。私もついでに一息つくか」なんて気楽に構えていた私も、実際は息子の世話と家に閉じこもった生活に疲れきって、冷房が効いた会社のオフィスや、冷たいコーヒーが恋しい気持ちになってしまいました。

2才児と一日中向き合って過ごすのって大変だあ〜。 例え保育園に否定的なママでも、就業に関係なく子どもを預けられる施設があれば、預けるママさん率は、意外と高いんじゃないですかね。 いや、嫌みでも何でもなく^^;

久々に女性誌をチラ見して感じたこと

0b14bc02c08730a1222a2b6c01fe2d98_s

子どもを連れていった病院で、久々に雑誌「VERY」を手に取りました。 近所のブックオフがなくなってしまったこともあって、最近は雑誌を買っていなかったんですけど、久々に女性誌を買ってみたくなりましたよ。

女性誌の世界って、基本的に「ノーテンキ」ですよね。 でも、そのノーテンキさに、気持ちが救われるんだなあ〜。

ありがちなキャッチコピー・・・

「明日は特別なプレゼンだから、スペシャルなジャケットとワンピースでキメ!」

とか、

「後輩の男の子に今日の服を褒められちゃった♡」

とか、

「彼氏からついにプロポーズ!『ボクのことは気にしないで、留学して自分の夢を叶えて』だって♡」

とか、ひたすらフワフワとした非現実的なシチュエーションに、心の中で「ありえねーー!!」と突っ込みつつも、癒されてしまうのはなぜなのでしょう(笑)

現実にちょっと疲れたからこそ、ありえないような“雑誌劇場”が、いい感じに脱力しているように感じるのかな。

基本的に雑誌は女性に夢を見させ、購買意欲をかき立てるためのもの。 この“夢を見させる”というところが重要ポイントなんですね。 モデルさんが着ているので何でも素敵に見えるのですが、これを着たら私も素敵になれるのかなあ〜。なーんて適当に妄想しながら雑誌を読む。これこそが正しい女性誌の楽しみ方。

現実に疲れたら、女性誌を開いてみませんか? イヤ、まじで。