すなみちな日々。

すなみち@楽に生きる方法を模索中。2児の東京在住アラフォー・ワーキングマザー。仕事と家庭、自分の両立について綴ります

初めて父親とお酒を飲みました

小1の息子の里帰りをさせるため、奈良に住むおじいちゃんが、わざわざ片道4時間かけて、東京まで迎えに来てくれました。

 

大人往復3万円。

交通費もなかなかかかります。

とんぼ返りは勿体ないんじゃないかということで、東京に住む弟にも声をかけ、3人で食事でもしようという話になりました。

 

夕方に大人3人で食事するって、どういうところに予約を取ったらいいと思いますか?

 

私は全然思いつかなくて、というのも父はあまりお酒を飲まない人なんですよね。(私は飲むのですが)

お酒を飲まない人との食事処って少し悩みますよね…。

 

悩んだ結果、ゆっくり話せるだろうと、結局は個室ありの居酒屋にしたのですが、これがなかなか正解でした。

 

f:id:sunamichi:20190806195841j:image

 

まず、居酒屋なんてほぼ行ったことのない父。居酒屋メニューが新鮮で、美味しく感じられたようでした。

 

父は会社員時代はずっと車通勤で、それもあってあまり飲む機会がなかったようです。

宴席の雰囲気は嫌いではなかったらしく、「社会人のソフトボール部で皆で飲みに行ったことを思い出すなあ」と、昔の話を懐かしんでいました。

 

私自身も、アルコールが入ってリラックスでき、いつもはそんなに話さない父に対しても、何気ない話を楽しめたりして、父も「娘とこんなに話すのは初めてだ」と言われるくらい、嬉しかったようでした。

 

この場に母がいなかったことも良かったのか…。

 

母は良くも悪くもムードメーカーで、家族で集まると、どうしても母が中心の会話になってしまうので。

 

40才前になって、やっと父とお酒を飲むというのも何だか照れ臭いけれど、なんかいいじゃん。

って思えました。

正直、弟もいたので間が持った感もありますが…

 

またこうして3人で飲みたいなあ。